TEL. 0120-50-58-98

※電話番号のおかけ間違いのないようにお願いいたします。

10:00~19:00(年中無休)

※携帯電話・PHSからもかけられます。

image example
技術情報

OP25B規制と対処方法について

メール送信の規制について

はじめに

メガ・エッグサービスでは、社会的な問題となっている迷惑メール対策として、携帯電話事業者宛のメールに対し、「Outbound Port25 Blocking(OP25B)」を実施させていただいておりましたが、2007年7月10日よりメガ・エッグの送信サーバ経由以外、全てのメールに対し、「OP25B」を実施させていただくことになりました。

※この規制は、メガ・エッグ回線を使用し、メガ・エッグのメール(送信サーバ)を使用している方には影響ございません。

規制の対象となるサービス

  • メガ・エッグ 光ネット(ホーム)
  • メガ・エッグ 光ネット(マンション)
  • メガ・エッグ ADSL
  • メガ・エッグ オフィス スタンダード(固定IPプランは除く)
  • メガ・エッグ ダイヤルアップ

OP25Bとは

メールを送信する際に使用されるTCPポートの25番を規制し、迷惑メールなどの送信を規制することです。 これにより、メガ・エッグ回線ではメガ・エッグの送信サーバ以外からメールの送信をすることができなくなります。(wwwブラウザを使用するwebメールを除く)

この対策は、インターネット全体に流出する迷惑メールを防止することを目的として、他のプロバイダ等、業界全体で取り組んでいる施策です。ご利用のお客さまにも、自分が意図しない大量のメール送信や、個人情報の流出防止に役立つというメリットがあります。

送信イメージ

対象者早見表

メガ・エッグのメールサービスを利用しているお客さまの中で、メールが送信できない場合があります。以下の表を参照し、お客さまがOP25Bの対象者 かどうかをお確かめください。

メガ・エッグ用 サブミッションポートとSMTP AUTHの設定方法

他社プロバイダからメガ・エッグの送信サーバをご利用される場合に、以下の設定を行ってください。
メガ・エッグの提供するサブミッションポートとSMTP AUTHは、普段ご利用のメガ・エッグ回線からもご利用いただけるため、以下のようなご利用が想定される方はあらかじめ設定していただくことをお奨めいたします。

外出先や出張先などで、他社プロバイダ回線を使用し、メガ・エッグの送信サーバをご利用されるお客さま

上記に該当するご利用のお客さまは、メガ・エッグが提供するサブミッションポートとSMTP AUTHの設定を行うことで送信が可能になります。


サブミッションポートとは

従来よりメール送信に利用しているTCPポートの25番とは別に、メールソフトからのメール送信を受け付けるための専用ポート(587番)です。 このポートを使用するためにはメールソフトの設定変更が必要です。


SMTP AUTHとは

メール送信時に送信サーバにてユーザの認証を行うシステムです。このシステムにより送信サーバの悪用を防ぐことができます。
メガ・エッグでは、登録内容確認書記載の「POP ID」と「POP ID パスワード」を使用します。
(現在のところ、CRAM-MD5による認証方式には対応しておりません。)


送信イメージ

>>サブミッションポートとSMTP AUTHの設定

よくあるご質問