メガ・エッグ会員サイト

技術情報

メール送信の規制について

はじめに

メガ・エッグサービスでは、社会的な問題となっている迷惑メール対策として、携帯電話事業者宛のメールに対し、「Outbound Port25 Blocking(OP25B)」を実施させていただいておりましたが、2007年7月10日よりメガ・エッグの送信サーバ経由以外、全てのメールに対し、「OP25B」を実施させていただくことになりました。

規制の対象となるサービス

OP25Bとは

 メールを送信する際に使用されるTCPポートの25番を規制し、迷惑メールなどの送信を規制することです。 これにより、メガ・エッグ回線ではメガ・エッグの送信サーバ以外からメールの送信をすることができなくなります。(wwwブラウザを使用するwebメールを除く)

この対策は、インターネット全体に流出する迷惑メールを防止することを目的として、他のプロバイダ等、業界全体で取り組んでいる施策です。ご利用のお客さまにも、自分が意図しない大量のメール送信や、個人情報の流出防止に役立つというメリットがあります。

送信イメージ

対象者早見表

メガ・エッグのメールサービスを利用しているお客さまの中で、メールが送信できない場合があります。以下の表を参照し、お客さまがOP25Bの対象者 かどうかをお確かめください。

メガ・エッグ用 サブミッションポートとSMTP AUTHの設定方法

他社プロバイダからメガ・エッグの送信サーバをご利用される場合に、以下の設定を行ってください。
メガ・エッグの提供するサブミッションポートとSMTP AUTHは、普段ご利用のメガ・エッグ回線からもご利用いただけるため、以下のようなご利用が想定される方はあらかじめ設定していただくことをお奨めいたします。

外出先や出張先などで、他社プロバイダ回線を使用し、メガ・エッグの送信サーバをご利用されるお客さま

上記に該当するご利用のお客さまは、メガ・エッグが提供するサブミッションポートSMTP AUTHの設定を行うことで送信が可能になります。

サブミッションポートとは

従来よりメール送信に利用しているTCPポートの25番とは別に、メールソフトからのメール送信を受け付けるための専用ポート(587番)です。 このポートを使用するためにはメールソフトの設定変更が必要です。

SMTP AUTHとは

メール送信時に送信サーバにてユーザの認証を行うシステムです。このシステムにより送信サーバの悪用を防ぐことができます。
メガ・エッグでは、登録内容確認書記載の「POP ID」と「POP ID パスワード」を使用します。
(現在のところ、CRAM-MD5による認証方式には対応しておりません。)

送信イメージ

>>サブミッションポートとSMTP AUTHの設定

よくあるご質問

Q. OP25Bとは何ですか?
A. Outbound Port 25 Blocking の略称で、メールの送信に使われている通信ポート(25番)を制限することで、メガ・エッグ以外の送信サーバを使ったメールの通信を制限する仕組みです。
Q. Port25とは何ですか?
A. インターネットでは、ホームページの閲覧やメールの送受信の際にやり取りされるデータを識別するための番号が割り当てられています。その識別番号をPort番号といいます。
メール送信には一般的に25番(Port25)そしてホームページ閲覧には80番(Port80)が割り当てられています。
Q. なぜOP25Bを行うのですか?
A. 昨今、ウイルスメールや迷惑メールなどは弊社の提供するメールサーバを経由せずに送信されており、
インターネット全体で非常に問題になっています。
OP25Bを実施することで、インターネット利用者の全体の安全性を向上するためです。
Q. OP25Bを行うメリットは何ですか?
A. お客さま自身が意図しない大量のメール送信や、ウイルス発信の加害者になってしまうことを未然に防ぐことが出来ます。
また、ウィルス感染による個人情報の流出防止に役立つというメリットがあります。
Q. OP25Bを行うと、迷惑メールは減りますか?
A. このたび行うOP25Bでは、弊社ネットワークを発信元にした迷惑メールの減少に効果があります。
お客さまのパソコンに届く迷惑メールの受信対策につきましては別途検討中です。
Q. 迷惑メール受信対策はいつ行いますか?
A. 迷惑メールの受信対策は、お客さまに届く正当なメールを迷惑メールと誤認識しないためにも、慎重に検討を進めております。
実施日については現在検討中です。
Q. メガ・エッグを利用していますが、OP25Bの影響を受けますか。
A. メガ・エッグ回線を使用し、メガ・エッグのメール(送信サーバ)を使用している方には影響はありません。
Q. Webメール(Yahoo!メール,Hotmailなど)を利用していますが、OP25Bの影響を受けますか。
A. Webメール(Yahoo!メール,Hotmailなど)を利用される場合には影響はありません。
Q. メガ・エッグオフィスの固定IPプランを契約し、メールサーバを運用しているのですが、OP25Bにより、影響を受けますか?
A. 固定IPプラン(IP1,IP8,IP16)をご利用のお客さまには影響はありません。
Q. 外出先で他社ISPからメガ・エッグのSMTPサーバを利用しているのですが、OP25Bにより、何か影響を受けますか?
A. 今回メガ・エッグで行うOP25Bでは、影響はありません。
ただし、外出先でご利用されているISPがOP25Bを実施している場合,対象となります。
詳しくはご利用のISPへご確認ください。
Q. OP25Bの制限を受けた場合、どのようなエラーになりますか?
A. ご利用のメールソフトでは接続失敗のエラーが表示される可能性があります。
OutlookExpress6.0の場合
「サーバーへの接続は失敗しました。 アカウント : 'メールの設定名', サーバー : '送信サーバ', プロトコル : SMTP, ポート : 25, セキュリティ (SSL): なし, ソケット エラー : 10060, エラー番号 : 0x800CCC0E」

電話・メールでのお問い合わせ

0120-505-898 受付時間9:00〜21:00 ※携帯電話・PHSからもかけられます。
資料のご請求はこちら

住居タイプをお選びください